旅行・地域

2013年6月16日 (日)

鞍馬にて

今月8日、レイキ発祥の地である京都の鞍馬にお参りする機会がありました。レイキの先生に何度もお話を伺い、いつか訪れてみたいと思っていた矢先、突然大阪に出張が入ったためです。本当に嘘みたいなすごいタイミングでした!(◎o◎)

大阪での研修はそこそこに終え(コラコラ…(^^;)、、私の心は鞍馬一色。さっそく鞍馬の地図を広げて見ると、ある一点で目が釘づけになりました。

いつもの“理由の無い確信”で、「ここだ、ここに行く!」と鞍馬での目的地が一ヶ所だけ決定しました。

そして、また前夜から食べ物を取らず、早朝に出掛け、その場所の空気を十分に吸い、早々に帰って来ました。新緑の緑、木漏れ日が素晴らしく、貴船までの山歩きもハイキングにちょうど良い距離と歩き易さで、とても快適でした。(昨年大元神社への歩き参拝を経験しているので、大概の山歩きはもうへっちゃらです(^▽^))

鞍馬のその場所では、深く感じることと、気付きがあり、言葉が浮かび、、、とにかく光を感じ、意識しました↓(その場の写真)

今回お参りできたことに、ああ、なるほどと納得した次第です。いろいろなことが明るくなってきますなぁv(^ー^)v 

Kurama_3



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

健男霜凝日子神社

大分県竹田市にある祖母山の麓、神原地区の健男霜凝日子神社は、一般的にはほとんど知られていませんが、地元の方々によって大切に整美されている、とても素晴らしい神社です。
私は季節が替わる度によく訪れ、その清んだ空気を味わっています(徒歩すぐの距離にある神の里交流センターの食事処が目当てというのも多分にあります*^ー^*)。

神社の御神体は祖母山(大分県と宮崎県にまたがる山。神武天皇の祖母、豊玉姫命が祀られている)で、頂上に上宮があります。大きな木々、巨岩、傍らの清流、周囲の山々の景観が素晴らしく、また、何と言っても人気の無い静かさ(いつ行っても誰もいません)^^がとっても魅力的です。

アップしているのは今月5日にお参りして来た時の写真です。

実はこの時、私は知り合いのセラピストから計画中の女性と子どものためのイベントについて手厳しいコメント“主婦(私は専業主婦ではありません^^;)が、片手間に本業の邪魔をするな”といった内容を受け、彼女の一方的で否定的な口調に珍しく少し気落ちしていました。

しかし、この神社に入る手前あたりで急に気持ちが晴れてきて、何かしらの違和感を感じ、その場で写真を撮りました。すると(1枚目と2枚目)上部に濃いピンクか紫?の光が写りました。最初は子どものTシャツの色かな?とも思ったのですが、2枚目を見るとそうでもなさそうです。

単純な私はなぜか、この光の写真を見て感謝の気持ちが一気に溢れてきて^^;、「私は多くの存在に応援されている。間違っていない。」とモチベーションが瞬時に元に戻りました。そして、彼女のコメントにも一理ある、そういう辛口なことを言ってくれることに感謝しなければと思い、それならこのイベントは「笑いながら死ぬ気でやろう!」と覚悟しました。
あほは単純でよいです。がんばります!*^▽^*

Takeo1_7

Takeo2

Takeo3

Takeo4

Takeo5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

火売

Hono_0_2 Hono1 
Hono2 Hono3_3

火売と書いて「ほのめ」と読みます。先日「ほのめ」という言葉が頭に浮かんだので、別府市の地名であったことを思い出し、行ってみました。

私は必ず、頭に浮かんだ場所へ行く時は可能な限り一人で行き、思いつくままに歩きます。その場合は何も準備や下調べをしていなくても、なぜか体がスッとする場所に時間の無駄なく到着します。
地図も行先も十分確認せずに乗り物に乗ったりして辿り着けるの?信じられない!と知人に言われますが、頭に浮かんだ場所の場合は必ずそうで、自分にとっては昔から当然のことであるため、この理屈でない感覚を説明するのが億劫になり、一人でさっと出掛け、行ったことも誰にも言わないことがよくあります^^;

この日も別府駅から出発したバスがここ周辺に差し掛かった時に、「あ、ここだ。」と思い、下車しました。

火売は、鶴見岳や大平山からの吹き下ろしの風がとても強かったのですが、山の景色が素晴らしく、下から見上げる山もいいなぁとつい見とれました。

地区の中には火男火売(ほのおほのめ)神社の下宮(別名:鶴見権現)がありました。

御祭神は、伊弉諾命、伊弉册命、火之軻偶突知命、大山祇神 とありました。ちなみに活火山の鶴見岳山頂に上宮(御祭神:火之軻偶突知命、火焼速女命)があり、東山に中宮(御嶽権現,御祭神同じ)があるそうです。この火男火売神社は別府温泉の総鎮守なんですね。

そう言えば…年始に近所の神社“永興正八幡社”にお参りした時に、お札を買ったのですが(いつも永興正八幡様と天照皇大神様の2枚)、今年はなぜか「お荒神様はいらんの?もらっときよ~」と声を掛けられ、お荒神様(火之軻偶突知命、かまどの神様)のお札も頂いたのでした。

それで、今回この事をブログに書いたのは、頭にモヤモヤがあるためです。漠然としていますが、浮かんだ“ほのめ”という言葉もそうですが、最近“火”がとても気になるのです。悪い感じではなく、何だろう、知らせというか、例えば、“火だよ、火~!そろそろだよ~”と声を掛けられているような、若干急かされているような感じがするのです。意味不明ですみません…


(話が少し逸れますが)
今回、火売散策の途中で「Fuego」さんという暖炉専門店を見つけ、立ち寄ってみました。火売にある暖炉専門店。まさに“火”を“売”っているわけですね(^∀^) お店の方がとても感じ良く説明して下さいました。


F1_2 F2

暖炉の薪は、切って1年保管してようやく使えるようになるそうです。
暖炉の火を見ているとほんわかと心が和みました。本物の火はとても温かく、柔らかく、心地良く、神聖な感じがしました。

燃える火も木も神聖なもの、温泉は火と水(“神”)の恵みで神聖なもの。神聖なものに日々囲まれていることへの気付きと、感謝を捧げなければならないと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

あけましておめでとうございます & 別府市・明礬温泉

新年あけましておめでとうございます!
日々、様々な出会いや学びの機会を得ることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。これからも精進していきたいと思います。本年もどうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m


昨年末から、数人の方からメールを頂いて、とてもとても感謝しつつも、やっぱりキリシタンのことで心が揺れていた私。

実は臼杵がすごく気になっていたり、木の十字の夢が心から離れないんだけど(汗)、、、とにかく今はキリシタンは後回し、日常生活優先で、今の自分に関係の無い事にうかつに手を出さないようにしなければいけない、そもそもあの殉教公園にさえ足がすくんで入れない私が下手な事できないし、絶対したくないし、亡くなった方には申し訳ないけど、生きている方を優先させてもらおう、本来、私はお年寄りや子どもにボランティアをしたいと思っているわけで、亡くなった方にまでというのはかなり想定外だし、許容範囲外、ダメダメダメ…と考える一方で、ふと、

“過去があって、今がある。過去の清算をこれ以上先延ばしにすることはできない。”とつぶやくもう一人の自分がいたりして、頭がオーバーヒート気味でした。

それで、なんとか考えをまとめて出した答えは、

「こういう時こそ、地に足をつけて仕事、家事(手抜き気味だけど^^;)、育児(&趣味も)をきっちりして、余力があってどうしても気になるようなら周囲に相談したり、情報収集をしてみる。焦らない、無理しない、流れにまかせる。」

ということです。いつも心正しくあれば最善の方向へ導かれると願い、このまま信じて行きたいと思います。
メールを下さった方々、本当にありがとうございましたm(_ _)m また相談させて頂くことがあるかと思いますが、その時はよろしくお願いします。


そんなわけで…


一昨日は朝からどうしても温泉に入ってリフレッシュしたくなり、別府市の明礬(みょうばん)温泉に行って来ました。

ここ周辺は“湯の花”を採取するための湯の花小屋が点在していて、湯けむりと硫黄の香りが立ち込め、まさに温泉地に来たことを実感する山間のエリアです。今回は食べなかったけど岡本屋さんの地獄蒸しプリンが有名です。(別府では温泉のことをよく“地獄”と言いますね。)

展望温泉の「山の湯」さんに入って来ました。↓
130104_myoban_yamanoyu1

130104_myoban_yamanoyu2
別府市街、高速道路の橋、遠くに高崎山が見えます。

130104_myoban_yamanoyu3
湯の花がたくさん舞ってます~^∀^

料金は温泉卵一つ付きで大人500円と別府にしてはちょっと高めですが、観光バスも止まるエリアなので、概ねどこもこのくらいの料金になっているようです。冬季は山間部の温泉には道路事情などで行き難い事が多くなりますが、明礬温泉はまだまだ問題無くアクセスできました。

温泉ってやっぱりいい♪最高に癒されます≧▽≦ 自然の恵みに感謝!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

御許山と大元神社

小雨の降るあいにくの天気でしたが、(大分県宇佐市)宇佐神宮の元宮である、大元神社に参拝してきました。祖母が生前若い時に宇佐神宮で巫女をしていたため、そのご縁でどうしても一度参拝したかったんです

大元神社と言えば、杵築市山香町の御許山(おもとさん)9合目にあり、アクセスの難しい山道で有名です
私はペーパードライバーなので最初から車を運転する気は全くなく、最寄りのJR西屋敷駅から徒歩で1時間30分ほどを歩いて登りました
Omotosan1 Omotosan2

要所要所に標識が立っています。徐々に舗装がまばらな道に入っていきます。

Omotosan3 Omotosan4

坂の砂利道が続きます。苔もはえていて、滑りやすいです。もちろんガードレールもありません。車の轍がありますが、四輪駆動車でなければ危ないと思います。
Omotosan5 Omotosan6_2 

途中で見晴らしの良い場所が いよいよ近付いて来ました。

Omotosan7

「らくらく道」と書いてある標識の方に進むと…

Omotosan8

どこが「らくらく」じゃっ


Oomotosando
いろいろありながらも、無事に参道が見えてきましたやった~

 Oomotogoshinboku

Oomotoseiden  Oomotoseidenoku

正殿の奥には有刺鉄線を張り巡らされた鳥居があり、その先は禁足地になっています。そこは三柱の姫神様が降臨された場所とされ、御神体である磐座がまつられています。

Oomotoyasaka

今回、久しぶりの登山で、山には登らせてもらう、神社には参拝させて頂く という気持ちが大切なんだとつくづく感じました。山道を黙々と進む中で、「謙虚さ」「感謝」「囚われの無い心」を再認識して大切にしていこうと思いました

そして、不思議なことが
下山して、ふもとの食堂「大元屋」さんでお茶をしようとテーブルに座っていた時、だんだん目の前が白くなり、頭がほわ~んとしてきました。あれあれ??と思っていると、頭が何度も後ろに揺れて傾き、何これ~??体が動かない!という状態に。食堂のおばちゃんに大丈夫?!と声を掛けられ、しばらくすると体に力が入り、何事も無かったように元に戻りました。こんな状態になったのは初めてです あれは何だったんだろう?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

阿蘇山と南阿蘇

阿蘇山に行ってきました コーラルブルーの火口がとてもきれいでした
Aso
私は阿蘇山に行く度に手や足の先がジンジンとしびれ、長居すると動悸がしてくるのですが、帰りはとてもスッキリ、身も心も軽くなります


ランチは南阿蘇の大好きな“グランツムート”へ。こだわり素材、全て手作りで、とっても素敵なロケーションの中にあるおいしいパンやさんです。
Gm1
Gm2 Gm3

併設の“そばの実カフェ”では、ドリンクを頼むと買ったパンを食べることもできますが、ここではぜひサーロインハンバーグバーガー(スープ付1280円)をおすすめします

Gm4

すごいボリューム ハンバーグはもちろん、自家製スモークベーコンもとってもおいしいです こども連れにはうれしい絶景のテラス席があり、おすすめ

ここには4年ほど前から通っていますが、もし移住するなら南阿蘇のこの周辺は、絶対候補に入るなぁ~と毎回本気で考えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

田染荘園マルシェ

豊後高田市・田染(たしぶ)の“荘園マルシェ”に出掛けてきました。
田染はかつて宇佐神宮の荘園で、奉納する作物が作られていた場所です。
今はここで採れるマコモタケが三重県の伊勢神宮に納められているそうです。
周辺には“観音”と名の付く大きな岩が数ヶ所あり、この集落を守っているかのようです。

収穫祭ということで、お米や野菜、手作りのおやつやそば、カレーなど売られていました。
山と田に囲まれた景観が素晴らしく、子どもたちは稲刈りの終わった田んぼを嬉しそうに駆け回りました

Tashibu1

Tashibu2

Tashibu3

Tashibu4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

久住にて② 久住ワイナリー

久住ワイナリー

今朝は久住高原コテージの温泉に入ったあと、南小国方面を観光してお昼に
久住ワイナリーへ。石窯ピザ食べてきました(^u^)

久住ワイナリー
久住ワイナリー
久住ワイナリー
久住ワイナリー

マルゲリータと大好きなクワトロフォルマッジ♪

私だけグラスワイン飲んじゃえ〜(^∀^)ノ
何と!意外に(ごめんなさいm(_ _)m)美味しい!!(≧∇≦)
一瓶購入しました。
“くしふるの夢”の甘口。しっかりと濃くて飲みやすいですよ(^_^)
次回は辛口飲んでみよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

久住にて① 久住高原コテージ

久住高原コテージ
久住高原コテージ
久住高原コテージ
また久住に来ましたo(^-^)o
連日忙しかったので、雄大な景色に癒されます〜(^∀^)ノ
ここ久住高原コテージは、お部屋がバンガローっぽい作りなので高級嗜好の方には若干不向きかもしれませんが、うちみたいな幼児連れには気兼ね無く過ごせて快適です(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

八幡朝見神社

別府にかき氷を食べに行こうと家族で車に乗り込んだところ、
なぜか道を外れてしまい、着いたところは別府市のやや東、山側にある「八幡朝見神社」という神社でした。
ま、いっか!ついでにお参りして行こうと参拝させてもらったところ
とても立派な神社で驚きました尋ねると、かなり有名な神社だそうです。私、全く知りませんでした

Asami1 Asami2

神社の中には「萬太郎清水」という水が湧き出しています。駐車場の脇に水汲み場があり自由に汲むことができます。

こちらの神社の御神紋は「左三つ巴」です。八幡様は同じ御神紋なのかな??
八幡様の総本宮、宇佐市の宇佐神宮も左三つ巴です。かつて、宇佐神宮の巫女をしていた祖母が、祖母の家の家紋と宇佐神宮の御神紋が同じということで、ご縁だねぇと喜んでいたのを思い出しました。

Asami4_2 Asami3

Asami5 Asami6

樹齢千年以上といわれる、大きなクスの木も見事でした水も汲めるし、またお参りさせてもらいたいです


それで…結局、かき氷屋さんは定休日で すっごく楽しみにしていた宇治金時はまた次回となりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧